( 吾妻山(広島県) )

先週の下蒜山は雨の中でした。 かろうじて三輪のウメバチソウの写真を撮ったのですが、やはりイマイチ
でした。 (雨の中でしたから仕方がないのですが・・・)

今日は、先週行く予定だった吾妻山(広島県)でウメバチソウに再チャレンジです。 
吾妻山は比婆山系の山ですが、比婆山系の中でも花の多い山なのだそうです。 行ってみて知らされました。
吾妻山の休暇村が登山の出発地となっていますが、休暇村付近に広がる天然芝には沢山の山野草が咲いて
いました。 ウメバチソウはここの小坊主と呼ばれる小高い丘に咲いていました。 日の光に当たって、ウメバ
チソウは輝いて見えましたねー。 山頂付近にも少しだけ咲いていましたが、あとは吾妻山から烏帽子山への
途中、大膳原付近にも沢山咲いていました。

それから、登山道の途中の湿地でアケボノソウが咲いていました。 一株だけでしたが、アケボノソウは暫くぶり
ですねー。 山道にはイヨフウロが山頂までずーっと咲いていました。 イヨフウロは8月の花ではなかったで
しょうか? まだ、咲いているんですね。 

いつも来ていると言われるご夫婦にお話を聞いたところでは、今年は花が少ないとか。 異常な暑さが続いてい
るせいでしょうか・・・ 

(写真をクイックすると拡大されます)

( 2007年9月22日 )

小坊主から休暇村を見下ろす


小坊主(丘)を見上げる。 この丘にウメバチソウが沢山咲いていました。

まだ、このマツムシソウの方が多かったですね


ウメバチソウです。 いかがでしょうか? 小さく可愛い花ですから
見過ごしてしまうと、気が付かないかもしれません。


カメラのマクロレンズでこの花を覗くと、実に不思議な形をしているんです。


雄しべが5つあり、1日に1つだけ立ち上がって花粉をはき出す
のだそうです。 雌しべは雄しべに囲まれた中央にあって、乗馬
帽のような形をしています。 丸い黄色の玉がいくつも付いている
部分は仮雄しべと呼ばれています。





初々しく、鮮やかですねー。
(「今日の一枚」の方にもっと沢山のウメバチソウの写真を掲載しています)





ゆっくりと山道を上がってきたところ。 休暇村が見えます


このイヨフウロが山道のあちこちに咲いていました


ヤマラッキョウです

リンドウです


アケボノソウです
この花も、私が好きな花の一つです。
風に揺れて、写真に撮るのはちょっと難しいー


アケボノソウです


アケボノソウです

アケボノソウです


吾妻山山頂から休暇村方面を見下ろす

センブリです


ツルリンドウです

大膳原付近です。 吾妻山を見上げる


吾妻山を見上げる

これはアカモノですよね。 7月には終わる花ではなかったでしょうか?

このカワラナデシコもまだ咲いていました