神ノ上山 (こうのうえやま)

(標高)
370m
(所在地)
岡山県和気町
(登山口)泉地区の和気中学校裏

曽根地区の最上稲荷への


鳥居から
(標高差) 
330m



(難易度)
☆〜☆☆

(山の概要)
 和気町のほぼ中央にある神ノ上山を中心に、標高140m前後から300mの稜線 
 が5km以上続く。 この山々を和気アルプスと名付けられたのはどなたであろうか。
 もちろんどの地図にも、和気アルプスの名は見当たらない。 しかし、アルプスの
 名のごとく荒々しい縦走路は歩きがいがある。
 山道が四方に伸び、登り口も10個所以上になる。 和気富士、穂高山、涸沢峰、
 剣峰、槍ケ峰、奥ノ峰など何処となく日本アルプスを連想させる名前の峰を、ゆっ
 くりと訪ねて歩くのも楽しい。 和気の町や吉井川を見下ろしながら、一度と言わず
 二度、三度と訪ねていただきたい山道である。
和気アルプスは松茸山のため9月1日から11月30日まで全山入山禁止です

(アプローチ)
山陽自動車道の「和気インター」で下車し国道374号線を北上。 2kmほどで和気
町市街に至る。 登山道入口はいずれも和気町市街にある。