今月の山 (
上蒜山 )

(’03年05月)
(第14回)
大山からの稜線と地平線に
何処か心が開放される山
「上蒜山」
 岡山を代表する蒜山三座は
日本二百名山の山としても知
られる。 上蒜山は、蒜山三座
の最高峰。 直登の階段が続き、
少々きついが、大山の山並みと
蒜山高原の爽やかさが、それを
吹き飛ばしてくれる。
五合目で皆ケ山の背後から頭を
のぞかせた大山と、今登ってきた
山道を見下ろしながら、雄大な
蒜山高原を眺めるのが実に気持
ちが良い。 大山から下ってきた
稜線が地平に続き、内海峠を経
て三平山に続く。 何処か心を
開放してくれる光景である。
 家族で登る場合、多くは八合目
の槍ケ峰で十分で、360度のパノ
ラマは蒜山三座の中でも一二の
展望である。

 5月のこの時期、そのほとんど
が木陰の無い尾根道の山道にも、
涼しい風が心地よく、この時期
ぜひ歩いていただきたい山で
ある。

上蒜山登山マップ
歩きどころ
三木ケ原にある休暇村。
新緑が実に美しい季節
である。
背後に三平山が見える
蒜山高原線にあるジャージー
ランドから上蒜山を見上げる
牧場の鉄柵の間を上ると
上蒜山登山口がある
登山口から蒜山高原を見る。
 ここから見る地平線も
すでに美しい
五合目の階段に腰を
かけて一服する。
水平線は右の大山の
稜線へ続いている。
槍ケ峰から大山を望む。
烏ケ山、三鈷峰、矢筈ケ山、
甲ケ山、船上山と山並みが
続く。
槍ケ峰から見た上蒜山山頂。 
ここからは緩やかな山道が
続く。
槍ケ峰から西に目を向ければ、
中蒜山がまぶしい。
槍ケ峰から水平線を
遠望する。
ケ峰から上蒜山山頂へ向かう
途中。 中蒜山の影から下蒜山
が頭を出し始める。
槍ケ峰から上蒜山山頂へ向かう
途中の山道脇にカタクリの花が
咲いていた。 数は少ないが、
小さく、控え目に咲くカタクリの
花は実に可憐である。