今月の山

( 天狗山 )
(’06年01月)

  今月はまだ野鳥の
  さえずりを取得できて
  いません

 
(第40回)
シダをこぎながら瀬戸内展望の山頂を目指す
 「天狗山」
    

 天狗山は県南東部の旧日生町(現備前市)にある山で、私の
住む落合からだと2時間はかかる。 日生の港を過ぎ、小豆島
へのフェリーの発着場を過ぎて、寒河(そうご)港を見る。 石谷
川の河口から北へ急カーブすると、正面にズングリとした山が
見えてくる。 天狗山である。 幾度も確認したが、どうも国道か
らは頂上は見えないようである。 同じ備前市の夕立受山が瀬
戸内に突き出た位置にあるのに対して、若干奥まった位置にあ
るこの山。 展望はどうかなと思ったが、山道の尾根道や山頂
から望む瀬戸内は美しく爽快である。 また、この山はシダ山
で、私の住む県北の笹山とは対照的で、瀬戸内と中国山地の
気候の違いを感じさせられる。

 天狗山を最初に紹介されたのはメールからである。 「シダこ
ぎには多少難渋するが、瀬戸内を見下ろして爽快な山である」
とのことだった。 去年さっそくお兄ちゃんと歩いてみた。 山頂
の岩の上に登って瀬戸内を見下ろしてみると、メールの主の言
われるように確かに天狗になった気分がする。 以来、三ツ池
経由の下山や逆回りと5度ほど歩いて見た。 夏場は暑いだろう
からと、秋から冬にかけて歩いてみたが、冬場でも晴れていると
汗をかくほど暖かく、確かに冬場に適した山といえるだろう。

登山口となる寒河八幡宮から天狗山山頂までの1時間ほどの
山道は整備が行きとどいていて、靴さえしっかりしていれば軽装
でも十分な道である。 山頂から三ツ池経由での下山をする場合
は、やはりシダこぎを覚悟しなければならない。 それも、ただの
シダではなく、イバラや硬い小枝が体に突き刺さって結構難渋す
る。 道幅が狭く小枝が体に擦れることが多いことなど服装にも
十分注意が必要だろう。
 我がファミリー登山隊としてはシダこぎと知っていても、やはり
三ツ池経由での山行をお勧めしたい。 三つの小ピーク、三ツ池、
そして、渓流の岩場と展望の尾根道だけではなく、山道の変化
がおもしろい。


天狗山山頂から瀬戸内の海と島々を見下ろす

天狗山.登山マップ

寒河八幡宮→(1時間)→天狗山山頂→(45分)→奥池の堰→(45分)→コミュニティセンター
コミュニティセンター→(1時間)→奥池の堰→(1時間)→天狗山山頂→(45分)→寒河八幡宮
歩きどころ

 
寒河コミュニティーセンターに車を止めさせていただき
少し東へ歩いてくると寒河八幡宮の入り口がある。
ここを境内に進みます。
正面階段を上り詰めます。 登りきって
左へ進むと山道へ出ます。

  
最初は緩やかな明るい山道です すぐに、この山道にはシダが
多いことに気がつきます。

 
10分も歩くと展望の尾根道となります シダが相変わらず多いです。
ところどころで小枝が体にからみます。


 
この時は11月後半でしたが、岩肌のむき出した
ような白い土にもリンドウが咲いていました。
(12月29日にはさすがに何も咲いていませんでした)
天狗山のシダです。



 
1時間弱で天狗山山頂に到着です。 
三角点はこの岩の上にあります。
三角点です



  
山頂横の岩の上から見下ろす瀬戸内の島々が
美しいですね。
逆光を避けつつ、岩の上からもう一枚

山頂から瀬戸内を見下ろす方向は南側となるため
日中はいつも逆光となって撮影がきびしいですね。
目を凝らしてよく見ると、日生湾、鹿久居島、鴻島、
長島などが見えていますね。



 
岩の上から西の方角を望む 展望の岩側から山頂の岩を見る


 
展望の岩の上からの瀬戸内のパノラマ
実際は写真よりもきれいなんですが・・・

  
天狗山から北西側の山々を望む。 山頂に白い建物らしきものが見える山は岳山(350m)のようですね

 
天狗山山頂からの三ツ池方面への下りの途中
北側の展望
三ツ池への途中から、天狗山山頂を見上げる


 
天狗山から三ツ池までには三つのピークがあります。 二つ目のピークがT字路となっていて、この標識を左折します。 逆方向で歩く場合は、分かり難いので注意が必要です シダこぎをしながら30分ほど進むと
三ツ池を見下ろす展望尾根に出ます

 
三ツ池を回りながら下山道が続いています 三ツ池から先の道はしばらく渓流の岩場の道を下ります。 やがて林道に続き民家の裏に出ます。 
振り返ると岩肌のむき出しとなった荒々しい
山の間を下山したことが分かります。

 
寒河港付近の海 寒河港付近から天狗山を見上げる。

天狗山の全容を見ることのできる場所
がなかなかありませんね。
(12/29撮影)

  
寒河港付近から天狗山の全景をもう一枚 付近にはボートが沢山横付けされていますね